主婦、フリーターのキャッシング審査

主婦、フリーターは果たしてキャッシングの審査に通るのかと疑問に思う方は多いでしょう。

 

キャッシングの審査は昔に比べていくらか厳しくなったと言っていいでしょう。そうなると収入が少ない、信用が少ないと審査に通らないと思うのも当然です。

 

フリーター

まずフリーターですが、極端に収入が少ないわけでなければ審査に通る可能性は充分にあります。

 

正社員よりも職は安定していないですしボーナスも基本的にないので信用度は確かに落ちますが、一定の収入があれば大丈夫です。

 

職業形態に対する信用が少ないのでフリーターなら他の部分でなるべく信用度を上げるようにしましょう。勤続年数が長いのも信用度アップに繋がるのでコロコロと職場を変えないほうが良いですね。だらしないイメージが付いてしまいますし、金銭感覚もルーズだと思われかねません。

 

主婦

主婦も正社員に比べると審査が少し厳しいかもしれませんが、可能性は充分にあります。ですが、最初にハッキリと言うと専業主婦はかなり厳しいと言っても良いでしょう。専業主婦は収入が無いので審査自体断られる可能性があります。

 

大手の消費者金融では申し込み条件に「安定した収入」と書かれていることがほとんどで、収入がない場合は申し込みすら断られてしまうのです。

 

貸金業法には総量規制という決まりがあり、年収の1/3以上のキャッシングができないことになっています。主婦、主夫の場合は、例外として認められる場合があるのですが、だいたいの消費者金融はそれを認めていません。

 

なので専業主婦がキャッシングをするのは現状では難しいのです。しかし専業主婦は収入が無いわけですからキャッシングをしてもお金を返せないと思われても仕方が無いと理解しましょう。例外で借入が認められたとしても夫には許諾を得なければならないので家族に内緒でキャッシングをしたいという主婦には向きません。

 

ちなみに銀行のキャッシングは総量規制というものがないので理論上キャッシングは可能ですが、収入がないので審査が厳しいということには変わりありません。

 

それではパートやアルバイトをしていた場合ですが、それなら審査通過は充分に見込めます。
とはいえあくまで主婦ですのでフリーターよりも収入が低い可能性があります。この場合はフリーターよりも借入限度額が少し下げられるでしょう。

 

主婦で収入がある場合は夫などの許諾が必要ないので内緒でキャッシングすることができますよ。


トップ キャッシングの審査に通るには 主婦・フリーターの審査